谷 明洋

DAY1
「宇宙に生命を探せ! きょう見える星空からの旅」

宇宙に生命が存在する天体はあるのでしょうか? それはどんな天体なんでしょう?
いろんな天体を訪ねて、見比べてみましょう。地球の見え方も変わってくるかも?
星空紹介の平面プラネタリウムから始まるバーチャル宇宙旅行実演です。

DAY2
宇宙の果てまで行こう「今、ここ」からの138億光年先の旅

 

当フェス、学びへの思い

科学は、私たちが住むこの世界を「さぐる」こと。
そうして得られた世界観が、これからの暮らしや仕事をつくっていくヒントになるんじゃないだろうか。
地球や宇宙のスケールから、人や社会の営みを見つめつつ、科学だけでは答えが出せないことを、一緒に考えたいです。

プロフィール

科学コミュニケーター / 星空案内人
天文少年→アジア横断旅行→京都大学大学院(農学修士)→静岡新聞記者→日本科学未来館 科学コミュニケーター。
共有したいのは知識や答えよりも「問い」「視点」「世界観」。
科学という論理的な分野だからこそ、感情や価値観に問いかける対話を大切にしています。
現在、建築デザイン事務所に勤めながら、地球や宇宙を語るイベント、ディープに対話する科学館案内など、個人事業を拡大中。

;