• HOME
  • 渡辺 克己

 

 

 

 

 

 

 

 

渡辺 克己

DAY3
伝わるプレゼンのためのアプローチ(発声編)

プレゼンに必要な前提として、きちんと聴き手に届く声が出せるということがあります。
声を出す、ということは、自分自身を受け入れることそのものです。
当日は、自分の声を取り戻す、伝わる発声ためのアプローチをします。

当フェス、学びへの思い

自分の声は悪い、自分は話すのが下手、という思い込みから解放され、
このフェスを起点に人生が変化するお手伝いを出来たら幸いです。

プロフィール

番組ディレクター、神奈川県団体職員を経て、30歳で脱サラ。
MacWorldEXPOでは、アップルのステージプレゼンターを務め、日本のジョブズと言われたことも。
ナレーターとしては、「リメンバー・ミー」をはじめディズニー映画の予告ナレーション、
ナショナルジオグラフィックTVのブランドボイスなどを務める。プレゼンの内容構築から表現までワンストップで指導。
指導対象は、中学生、高校生、大学生、企業の新入社員、エグゼクティブ、高齢者、移動販売店員など多岐にわたる。
ヤフーアカデミア・プレゼン特別講師

;